子どもの英語学習、Huluなら家で楽しく続けられる!

ママたちの間で話題になっている、文部科学省の教育改革、ご存知ですか?

「生きる力」を育むことを目標に、自ら課題を見つけ考え取り組んでいくアクティブ・ラーニングという主体的・対話的で深い学びを軸に授業が改善されます。
2020年度から、新しい学習指導要領が順次スタートするそうですよ。

新しい学習指導要領のスタート
小学校:2020年度~
中学校:2021年度~
高等学校:2022年度~

新しい学習指導要領の柱はいくつかありますが、その一つに「外国語教育」、つまり英語があります。

これから、小学生・中学生の英語学習カリキュラムが変わり、そして大学受験も変わります。
子どもたちの英語学習がどう変わっていくのか、ご紹介します。

教育改革で子どもの英語教育はどう変わる!?

1.小学校での教科化

これまで小学校5・6年生で行われていた「外国語活動」という体験型学習を、小学校3年生からスタート。小学校5年生からは、「英語」は正式教科として授業のコマ数が増え、成績もつくようになります。
小学校で習う英単語も増え、小学校卒業時点で600〜700語程度の単語を覚えることが目標とされています。

2.中学の英語がレベルアップ

従来の「聞く」「読む」「書く」に加え、「話す(対話)」「話す(発表)」能力を育てることが目標とされています。
授業は原則英語で実施、ニュース記事について自分の意見を話したり、仲間の意見を聞く、などの授業が導入されます。
学ぶ単語は現行の1200語から1600~1800語程度に増え、文法面でも高校で学習していた文法が中学にいくつかおりてきます。

3.大学入試・高校入試での4技能評価の開始

大学入試では、今までの「読む」「書く」に偏った試験から「話す」「聞く」を加えた「4技能のバランス」が重視されるように。
これまでのセンター試験にかわる「大学入学共通テスト」では、民間の英語検定試験の導入も検討されています。

これからの英語教育まとめ
  • 英語の授業が低学年から始まり、難しくなる。
  • 高校や大学受験でも、総合的な英語の能力が評価されるようになる。

これからの子どもの学習には、英語が今まで以上に重要になっていく。

オススメの勉強法

とはいえ、子どもの英語教育にまで余力をかけられない、時間的や金銭的にキツイ、という方も少なくないと思います。

仕事と家事で忙しくて、英語の勉強を始める余裕がない。
英語教室に通わせたいけれど、金銭的にキツイ。
英語を教えてあげたいけれど、自分自身の英語に自身がない。

そんな方にオススメなのが、Huluでの英語学習です。

Huluなら、楽しみながら自然に英語に触れることができます。

時間や場所を選ばすに勉強できて、忙しいママにもオススメ。
月額1,026円(税込)なので気軽に始めることができます。

Huluで英語を学習するメリット
  • 時間や場所を選ばず、好きな時間に英語を勉強できる。
  • 自宅でももちろん、外出先の隙間時間でもスマホやタブレットで視聴できます。

  • 月額1,026円(税込)で見放題。
  • 2週間の無料お試し期間もあるので、気軽に始められます。

  • 楽しみながら英語が勉強できる。
  • 豊富なコンテンツから、お子さんの好きな作品を選ぶことができます。

  • 子どもが自分で操作できる。
  • Huluには、子どもが操作しても安心な工夫がたくさん。

Huluでの英語学習、オススメ作品

英語の教育番組

英語が初めてのお子様にオススメ。歌やアニメで楽しく英語が学べます。

映画・ドラマを英語音声で観る


少し英語に慣れてきたら、映画を英語音声で観るのはいかがでしょう?
日本語字幕で内容を理解したり、10秒巻き戻しボタンで聞き直ししたりすることもできますよ。

Hulu